通訳


当社のサービス

interpreting_service_topシンガポールおよびその周辺国で、目的やご要望の通訳レベルに適合する通訳者を手配いたします。
会議、プレゼンテーション、社内研修などで通訳者が必要な方は、お気軽にご相談ください。

主な言語:
英語、日本語、中国語、韓国語

通訳スタイル:
同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング通訳、
アテンド通訳、バイリンガルアシスタント

同時通訳とは:通訳者が話者の話を聞きながら並行して訳出します。2名以上の通訳者で15分ごとに交代するのが一般的です。通訳者は専用のブースに入り、ヘッドホンを使って話者の声を聞きながら同時に訳出し、聞き手は受信用のイヤホンから通訳者の声を聞きます。
同時通訳が向いているのは、(通訳サービスを必要とする人が多い)国際会議、講演会、研修など。

メリット
逐次通訳と異なり、話者のスピードとほぼ同時に通訳を聞くことができる。
通訳を必要としない人の妨げにならない。
デメリット
通訳機材が必要となります。

逐次通訳とは:話者が1文ごと、またはある程度の長さで発言を区切り、次に通訳者が訳します。それを繰り返し行います。
逐次通訳が向いているのは、表敬訪問、少人数の商談・会議、工場視察・トレーニングなど。

メリット
話者が話している間にメモをとれるので、訳の正確性が高まる。
デメリット
同時通訳と比べ、約2倍の時間がかかる。

ウィスパリング通訳とは:同時通訳と同じく、通訳者が話者の話を聞きながら並行して訳出します。通訳を必要とする人が1-2名の場合に使われる方法で、聞き手のそばで小さな声で通訳します。簡易通訳機材があると効率よく行えます。
ウィスパリングが向いているのは、通訳を必要とする人がわずかな会議、社内トレーニングなど(例えば30名規模の会議で、そのうち通訳を必要とする人が2名)

メリット
逐次通訳のように通訳に時間を取る必要がない。
デメリット
通訳者が生耳で聞く状況では、雑音や自分の声が邪魔になり訳出の精度が保ちにくい。
通訳を必要としない周りの人にも通訳者の声が聞こえ、邪魔になる可能性がある。

通訳の例

  • シンポジウム
  • セミナー
  • ワークショップ
  • パネルディスカッション
  • フォーラム
  • プレゼンテーション
  • オープニングイベント
  • 投資家説明会
  • ASEAN 諸国内閣府会合
  • ASEAN 実務者協議
  • 記者会見
  • 社内研修
  • リージョナル電話会議
  • 政府機関、空港、現地校、大学視察・訪問
  • 工場見学
  • 取締役会
  • ランチ・ディナーレセプション会議
  • 重役会議
  • 営業会議
  • 商談・事業買収・提携に関わる交渉会議
  • 内部監査、外部監査、J-SOX、ISO 等の監査
  • 市場に関する調査・意見交換

通訳レート

逐次通訳: S$500(4 時間まで)、S$950(8 時間まで)から
同時通訳: S$800(4 時間まで)、S$1,300(8 時間まで)から上記レートは目安です。
実際のレートは言語や必要とされるレベルによって異なります。

通訳のお問い合わせ

日時、場所、通訳言語、通訳の目的・内容をお知らせください。
適した通訳者を手配するために、なるべく早めにご相談ください。お問い合わせはこちら: translate@synergy-focus.com